トリニティーライン 安心とやさしさの基準について

安心とやさしさの基準

トリニティーライン 安心とやさしさの基準

本当に良いものを、安心して毎日お使いいただきたい。
その想いのもとに、トリニティーラインは品質管理や製品試験、原料選定などの基準を定め、
徹底して守りながら、まごころをこめた製品づくりを行っています。

トリニティーライン 安心とやさしさの基準 項目一覧

トリニティーラインは、下記の基準を独自に設定し、徹底して守っています。

原料選定 無香料 香料を使用しない処方です。香料がお肌に合わない方にもお使いいただけます。
無着色(メイクアップ製品は法定色素不使用) 合成着色料を使用しない処方です。(メイクアップ製品は法定色素を使用しない処方です。)
お肌や身体への影響を気にせずお使いいただけます。
ノンアルコール(エタノール不使用) エタノールを使用しない処方です。
エタノールがお肌に合わない方にもお使いいただけます。
ノンパラベン 防腐剤の一種パラベンを使用しない処方です。
パラベンがお肌に合わない方にもお使いいただけます。
紫外線吸収剤不使用 紫外線吸収剤を使用しない処方です。
紫外線を吸収するときに生成される物質のお肌への影響を気にせずにお使いいただけます。
原料情報 原料情報の管理 化粧品や医薬部外品に配合する原料1つ1つを調べ、安全性情報をはじめとした3種の原料情報を管理しています。品質を確認した原料のみを選定し使用しています。
処方 独自の処方設計 高い品質や効果、安全性を考慮した独自の処方を設計しています。
評価試験 パッチテスト 化粧品や医薬部外品がお肌に刺激を与えないかを調べる試験です。研究開発された製品の一時刺激性やアレルギー反応を調べ、安全性を確保するために行います。
使用試験 実際に化粧品や医薬部外品を使用して、使用感や効果、肌への安全性(塗布した時の刺激感や使い続けた時の安全性)を確認する試験です。多くの方のご協力のもと、くり返し行っています。
防腐効果の確認試験 化粧品や医薬部外品の防腐効果を確認する試験です。チャレンジテストとも呼ばれています。
容器 容器の選定と試験 気持ちよくお使いいただくために、試験を行い、品質が保証された容器を選定しています。
製造 信頼性保証部による工場確認 品質管理担当者が製品の製造工場の管理体制を確認しています。
原料秤量の際の衛生、品質管理 化粧品や医薬部外品に使用する原料をはかる時は、衛生的に管理された専用室で、決められた手順に沿って、間違いのないように複数名で確認しながら作業するなど、6項目の基準を設けています。
製造・充填時の衛生管理 化粧品や医薬部外品の製造、充填工程を衛生的に管理された専用室で行うなどの7項目の基準を設けています。
製造品質管理 手順にもとづき、正しく製造されているかを管理しています。
製品 独自のコンセプト設計 トリニティーラインの3つのお約束「高品質」「低刺激」「続けられる価格」を満たした独自の製品コンセプトにて製品をつくっています。
全製品の標準書管理 全製品の成分名・製品規格・包装仕様などを記載した標準書を管理しています。
全製品全ロット試験記録確認 全製品、製造ごとに外観やにおいをはじめとした製品の性質を調べ、毎回正しく製造されていることを確認しています。
全製品全ロットのサンプル長期保管 全製品、製造ごとにサンプルを保管し、保証期間内、いつでも確認できる体制を整えています。
品質トラブルの対応手順の設定 トラブルが発生した際に迅速に対応するため、また再発を防止するために6ステップの対応手順を設定しています。
不良品の調査と対応 品質不良品が発生した場合には、調査や改善指示を徹底して行っています。
お客様からのお声をもとにした改善活動 お客様からのご要望、ご意見を記録に残し、そのお声を製品の改良、改善に役立てています。
製品情報 配合成分の情報公開 化粧品や医薬部外品に配合した成分について、お客様に正しい情報をわかりやすくお伝えいたします。
製品関連情報の公開 製品について、お客様に正しい情報をわかりやすくお伝えいたします。